広々とした通りが気持ちいい北山からは、桜スポットとしても有名な植物園をご紹介。
ナビゲーターは、左京区に暮すこと9年、板橋薔薇之介です。
北山の紹介とあわせてどうぞ。




  京都府立植物園   from 北山

 ●北山

田舎育ちの僕が京都に越して来て一番困ったことは、自分のペースで居られる場所がなかったこと。でっかい市バスに挟まれて街を行き来するのになじむまでちょっと時間がかかった。
そんな時に見つけたのは北山。
地下鉄の北山駅を中心に北山通り沿いに広がる街並みは、適度におしゃれで適度な速さで時間が流れる町。歩いていても必ず緑が目に入る。
ちょっと前までは高級なイメージだったけど、今ではかなり身近な街に。
秋にはハローウィンのかぼちゃがあちこちの店先に並ぶ。スロウライフな街。 (ばら)

 ●府立植物園

今回の特集「北山編」のメインはこちら、府立植物園です。
チャリに跨ってだ〜れも居ない所に行きたくなったらここに行くべし!入場料は250円と割安でコーヒー一杯以上の安らぎが訪れます。
季節に関係なく必ず何か見所が用意されているのがいいところ。もちろん春は桜がいっぱいです。鴨川沿いみたいに観光客が多くないのでゆっくり過ごせます。 (ばら)

*カードはここに!
植物園の近くのオーガニックなカフェ、サニープレイスに置かせていただきました。
詳しい場所などは、サニープレイスのWEBサイトでチェック!

map1


●京都府立植物園
開園時間:午前9時〜午後5時
入園料:一般200円 高校生150円 小・中学生80円
LINK: 京都府立植物園