[本屋]




[本屋]

本屋さんってパラダイス。

本屋さん程情報がたくさんある場所ってないですよね。

たくさんの情報と知識(知識はその場にあるものじゃないか、よく考えれば)

があって、すげー楽しい。

本屋さんを物色する事に幸せを感じますよ、私は。

活字依存症(???)だからかも。

別に目的も無いのに本屋さんに行って「あーこんな本出てるー」

っていうのを発見するとマジで嬉しい

全然興味の無い物とか19歳普通こんなん読まないよっていう本も

あの本の帯に騙されて買っちゃう!!

私は見知らぬ本を買うときは本の帯と装丁を重視するんです。

装丁がかっこいい本とか帯にすごい惹かれた本って結構買っちゃう。

もちろん失敗することも結構あるけど(;´Д`;)

やることなくて暇になると私は本屋と献血という組み合わせに行って来ます。

ある意味精神安定剤です、私にとって。

今日も行くぞー



[おとこ]

男って色々な人がいるなーって最近しみじみ実感しちゃったりする。

もちろん今まで付き合ったり仲良くなったりした人にも色々いるわけだけど、

昔は(お前いくつだよ)付き合ってもいない人とえっちできる男って最低だ!!

って思っていたけどそういう観点で好きになる男を消去法で消していったら

ほとんどの人が消えてしまうであろう事を痛感しました。

「据え膳食わぬは男の恥」

と自信満々に言う奴は私は今でも大嫌いだが(もちっと選べ、男よ)

嫌いじゃなかったら普通に男っつーのはえっちできるのよね。

好きじゃなくても。

浮気に関してもここ最近明らかに寛容な考えを持つようになりました、私。

多分に今好きな人が浮気とかに関してアバウトな人だからだとは思うんだけど・・・

例えば今私に彼氏が居たとして、他の女の人とえっちするのは1回まで。

2回以上はアウト。1回だったらはっきり言って本気じゃないと思う(すでに本気の人もいるだろうけど)

年3回まではおっけーだろ(笑)年3回と換算すると年3人の女の人。

そりゃーさぁ、付き合ってれば付き合ってる人に飽きることもあるだろうさ(ないって?)

いいじゃん、そんくらい。

と、19にしてなんだかおかしな理論を掲げております、最近。

今好きな人は昔遊び人で(遊び人だけでなく他にも色々やっていた)

18歳(同学年)にしてすでにえっちした回数だけは半端じゃない(笑)

自信もっていうなバカ!!って感じっすけど。

そいつに「彼女ってなんなわけ?教えてよ!!」

って言われたけどかなり言葉に詰まった。

彼女(彼氏)って何だろうって思うと確かにわかんない。

だから私はそいつの心の落ち着く場所でいたいと思うんだと思う。

彼女じゃなくてもいいから。

一緒にいて落ち着く存在であったり、最期に戻ってくる所っていうのが彼氏彼女なのかなって思いまする。



[好みの境界]

毎回どうでも良いこと、というか周りに関係ない為にならない事を書いていく気満々なのでその辺ご注意下さい。

好みといいますと、とりあえず芸能人の名前とか言っちゃいがち。

そりゃ理想は渡部篤郎の様な男でありポルノのアキヒトの様な可愛い系の顔であったりしますけど

実際そんな奴見つけたことないしつき合ったことないし。

だいたいみんなそんな感じでしょ?

男の人だって「好みは広末のような顔」

とか言いながらも自分の彼女は広末には似てもにつかない顔とか(広末以上に可愛い場合も多々あり)

好みなんつーのは個人個人で違うものですからねぇ。

一般的に言ういい男っていうのは「木村拓哉」であり「織田裕二」であり。

私的には「アキヒト」も然り。

だってさぁ、世の女性が(男性の場合も)みんな「木村拓哉の様な人じゃなきゃ私つきあえない」

とか言い出したら結婚率すんごい低下しますよね、低下っつーか限りなく0に近いっつーか。

好みなんて人それぞれ、好きになった人が私の好みじゃ!!

っていう人多いよね、私もそうなんだけど。

だってさー、顔だけで好きになるわけじゃないじゃん。

「この人だけは絶対嫌だ」っていう人を過去好きになってしまった経験2回な私。

やっぱり性格なのであります。

性格とかなんて初対面じゃ解らないからね、接していくうちに「おっこいつ意外にいい奴!おもしろいじゃねぇの」

っていうのね。最近よくあるっすよ。

好みと言えば私の好み。ごく最近の傾向としては

スーツを着た男(私的見解で似合う人、若い男限定)と煙草を吸っている仕草がかっこいい男。

これらにいじょーーーに弱い。

煙草は好きじゃないけど吸ってる姿がかっこいい人を見るのは好き!

やっぱり年上じゃ!

年上がいいんじゃ!!

結局簡単な結論に落ち着く私。

なんか昔とちっとも変わってないや、進歩ねーな。。。